コーヒーは
レストランリュオ
当店では香りの良いコロンビアを         ご用意いたしております。

禁酒のイスラム圏で急速に広まる

コーヒーと呼ばれるのは

13世紀、禁酒となっていたイスラム社会でブドウ酒の一種カーファになぞらえて
カフェと呼んで飲んでいた。

16世紀になると爆発的に流行した

コーヒーの色と香り

色・・糖分のキャラメル化による黒褐色

香り・・クロロゲン酸カリカフェインやコッツアル酸の混合物など

煎りを深くすると色は黒くなり、酸っぱさや苦みは増す。

コーヒーの歴史

原産国・・エチオピア  イエメンを経てイスラム諸国へ広まる。

チョコレートケーキなど味の濃いものには濃い珈琲を。
シフォンケーキには薄い珈琲か紅茶が合います。

エチオピア原産のコーヒーはイスラム社会からヨーロッパへと広まりました。

リュオのコーヒーはその日に挽いて、宇目の水で淹れます。まろやかな香りが

いっぱいに広がります。

※ チョコレートケーキなど濃い味のケーキには濃いコーヒーが合います。シフォンケーキなどには薄めのコーヒーや紅茶が合います。

※ ピザとコーヒーはよく合います。

当店の珈琲はコロンビアです。

当時の飲み方  実を煎る→砕く→煎じる→上澄み液を飲む

最初は気付け薬のような使われ方だった。コーヒーの実の煮だし汁を飲むと
覚醒した気分になったので。

1100年前にはバグダットの医学書に登場している。

トップへ戻る