青い海と清流と豊かな緑九州一の広いまち佐伯市の風景

九州一広い「佐伯市」の風景をパノラマ写真・立体写真・空撮写真で紹介。

旧佐伯市内のパノラマ目次

合併前の旧町村のパノラマ目次

自作の凧で空撮した写真ホームページ

カメラを2台使って作った立体写真のホームページ

自宅のベランダから撮影した天体写真のページ

管理人のブログ

佐伯市(さいきし)は、大分県の南東部に位置する市 総人口 77,256人(推計人口、2009年5月1日)。
面積 903.51ku  海岸線の長さは250km以上。

市の木 カシ(ウバメガシ、アラカシ)  市の花 ヤマザクラ  市の鳥 メジロ  市の魚(海) メジロ  市の魚(川)アユ
佐伯藩の城下町として栄えた江戸時代から「佐伯の殿様、浦でもつ」と言われており、豊富な海の幸と山の幸に恵まれ、「世界一、佐伯寿司」をキャッチフレーズとして、観光客の誘致にも力を入れています。

2005年3月3日に佐伯市と南海部郡5町3村が合併して新たに佐伯市となり、九州の市町村の中で最大の面積を持つ市となりました。

2008年6月28日東九州自動車道佐伯ICが開通しました。

パノラマ風景写真で観光する大分県   佐伯郷バス記録      佐伯市

管理人:パノラマン(佐伯市在住)個人のホームページです
行政や観光協会などとは何の関係もありません画像の著作権は管理人が所有します
 禁無断転載
  Copyright(C) M.Shiga AllRights Reserved 2006